学会賞

日本農業市場学会では,優れた業績に対し,学術賞,奨励賞(川村・美土路賞),学会誌賞(湯澤賞)を授与しています。

(1)受賞候補の条件

◇日本農業市場学会学術賞

2016年1月1日から2018年12月末までに公刊された著書等。本学会会員であれば候補者の年齢は問わないが、学会誌第27巻第1号〜第4号に掲載された〈論文〉の著者を除く。

◇日本農業市場学会奨励賞(川村・美土路賞)

2017年1月1日から2018年12月末までに公刊された研究業績。ただし、2019年4月1日時点で満40歳未満の会員とし、学会誌第27巻第1号〜第4号に掲載された〈論文〉の著者を除く。

(2)学会賞候補を推薦できる者

1名ないし複数名の本学会会員

(3)推薦の方法

推薦者から学会賞選考委員長にあてに、A4用紙に横書きで下記の事項を記載の上、提出する。

① 選考対象の研究業績名、または著書等名(いずれも発行所、発行年月日、論文の場合は掲載誌の名称・巻号を記載)
② 受賞候補者の氏名
③ 候補者の所属機関
④ 候補者の略歴(対象の業績が複数、または業績が共著であり審査対象者が複数の場合、①または②~④を繰り返して記入すること)
⑤ 同研究業績または著書等の要約(2,000字以内)
⑥ 推薦者
⑦ 推薦理由

(4)推薦状および対象業績提出先

提出先 〒183-8509 東京都府中市幸町3-5-8 東京農工大学大学院農学研究院 共生持続社会学部門
野見山 敏雄 宛 (TEL:042-367-5690)

★対象となる業績(研究業績または著書等)3部を送付してください。

(5)推薦締め切り 2019年2月末日消印有効

 

◇参考

歴代学会賞受賞者一覧

 

 

研究助成

日本農業市場学会では、学会の将来を担う若手研究者を育成することを目的として、農業・食料市場に関わる諸市場を対象とした優れた研究に助成を行っています。2019年度の助成の申し込みを下記のとおり受け付けます。若手会員のみなさまの応募をお待ちしています。

◆助成対象者:2019年4 月1 日時点で35 歳以下(常勤の教育・研究者を除く)であり、2 年以上の会員資格を有した日本農業市場学会員

◆助成額:1 研究課題20 万円以内

◆採用数:2 件程度

◆応募締め切り:2019年2月末日消印有効

◆応募用紙送付先:

〒036-8561 青森県弘前市文京町3 弘前大学 農学生命科学部
日本農業市場学会事務局(成田 拓未) 宛

応募必要書類は「研究助成」からダウンロードできます。

◆助成決定者となった方は、2020年3月31日までに学会事務局に研究助成実績報告書を提出し、報告書提出後6カ月以内に研究成果の全部または一部を学会誌「農業市場研究」に論文として提出していただきます。これが遵守されない場合には、助成金の返済を求めることがあります。