学会の目的

 本会は農産物・食糧の市場、流通、価格の理論的・実証的研究を行うことを目的とする。

 

学会の沿革

1974年4月

 学会前身「農産物市場研究会」設立、初代会長:川村 琢

 春秋に定例研究会を開催

1975年10月

 研究会誌「農産物市場研究」創刊

1987年4月

 日本学術会議登録団体に承認

1990年

 研究叢書『問われる青果物卸売市場』創刊、以降9号発刊

1992年

 「日本農業市場学会」設立、初代会長:湯沢 誠
春にシンポジウムと総会、秋に個別報告会とミニシンポジウムを定例化

1992年

 学会誌「農業市場研究」創刊

2001年

 年1回の総会及びシンポジウム、個別報告会の形式に変更

 第1回のワークショップを愛媛県内子町で開催、以降定例

2000~2001年

『講座 今日の食料・農業市場』(全5巻)刊行

 ※2012年11月現在,学会誌「農業市場研究」は第21巻第2号(通巻82)まで刊行しています。